不動産相続で気になる課税額を知る方法

相続という存在はとにかく手続きが頻発するものでありますが、不動産の手続きはその中でも一際手間の掛かる存在となります。そしてやはりその税額が気になることも、当然のことと言えます。土地の金額は大きいですので、その相場からさぞや高額な税金が課せられるのでは、と思われるかも知れません。しかし案外そうでない場合もあります。それは不動産で支払うべき相続税は、一般の分譲住宅の相場とはまた違った価格から算出されるからです。それが課税標準額と呼ばれる存在になります。この額は管轄機関から送付される固定資産税関連の書類に刻印されていますので、そこで確認ができます。また、それらの書類が見当たらない場合でありましたら、相続不動産の固定資産税を管轄する窓口で、土地と家屋の評価証明書を発行してもらいましても知ることができます。大抵の場合は一般の民間相場よりも低価格で設定されています。

不動産の相続は慎重にします。

不動産の相続は慎重にします。まず相続が発生したとき、不動産の場合はその評価額が計算の基準になります。ですから路線価方式で計算するやり方が一般的ですが、相続人が自分で行うには少し勉強が必要です。計算のやり方は決まっているからです。不動産鑑定士に評価してもらう方法はありますが、報酬を支払わなければなりません。無料で行うなら自分で計算するか、所轄の税務署に相談して計算してもらうしかないです。専門の税理士に依頼するにしても報酬が発生しますから費用支出は考えなくてはならなくなります。相続してから計算することは前提ですが、相続には常に生前贈与という税務テクニックが利用されます。被相続人が死ぬ前に贈与をしておき相続税を軽減するやり方です。一筆の土地なら分筆しなければならず登記費用もかかりますが、事前に相続後の分筆がいいか、生前贈与を利用した方がいいかは、事前に計算しておくことが必要です。しかしそれは被相続人の相続人に対する相続分において考えられるべきものです。

不動産の相続で良く分からない事になる前に

親族が無くなると、財産を相続する事になります。多くの場合は預貯金や不動産等ではないでしょうか。とは言っても、なかなか分からないと言う人も少なくありません。しかしなるべく早くこの手続きは終えておく必要があるので、分からないままで放置しておくことはやめましょう。相続について分からない、不動産がどれくらいあるかすら分からないと言う時は弁護士に相談してみる事をお勧めします。そうすれば法的な知識によって解決してもらえるし、アドバイスをしてもらう事も可能です。素人が自分たちだけで解決しようとすると、結果的に大きな問題に発展してしまう事も珍しくありません。なるべくスムーズに不動産の相続問題を解決する為にも、弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。無料相談も行っているので、まずはそれを利用してみるのも賢い選択です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

もし交通事故に巻き込まれたら。。。示談を弁護士にお願いしよう