不動産を相続する際の知識について

財産を相続した場合、それが不動産であるときは土地や建物の名義変更は登記によって行うことになります。また、誰がどの建物または土地を貰うかについては事前に協議をすることが必要となってきます。財産を受け継いだ場合、基本的に税金が掛かることになります。土地や建物を取得した場合、それによって地上権者となって地代を得ることが見込まれますし税金が課されることになります。税金対策はしなければならないでしょうし、節税をすることはできるとされています。節税については口コミサイトや自由業者の運営するサイト等で情報を得ることができるとされています。また、贈与税の配偶者利用控除を活用したり、生前贈与で対処すると相続税の問題とならないことが多いとされており、財務コンサルタント等から助言を受けて活用する人は多いとされています。

相続税の課税対象額を縮小しようとする不動産取得

いよいよ来月1日から相続税の基礎控除が現状の6割に縮小されるので、現状では4%程度の課税対象者が大幅に増えると見込まれています。日銀統計資料によると去年現在で国民の個人金融資産残高が1645兆円と、5年で200兆円も増加しているといわれているのです。しかも、その6割程度が高齢者の所有資産だといわれるので、お金持ちの高齢者が課税対象金額を減らすのに評価額が現金で所有するより有利な不動産を購入したり、子や孫等の教育資金に無税で贈与できる制度を利用しているようです。その中でも、庭のある住宅に住んでいれば不動産業界がアパート建築を積極的に勧めているようです。しかも、素人の購入者に代わって入居者の確保や建物の一括管理まで請け負うシステムを用意しているのでアパート建築ブームが生じたほどですが、少子化が今後も進んでいくのでアパート建築は立地条件次第だと思っておく必要があると思います。

不動産相続の方法について

実家の親からなど不動産の相続の方法についてはどのような手続きが必要でしょうか。まず不動産の名義を変える為に相続する人全員で相談し名義を誰にするのか決めることになります。相続する人全員で相談し合うことを遺産分割協議と言います。遺産分割協議は一ヶ所に全員が集まってするのも良いですが、電話や手紙などでやり取りしても良いことになっています。分割協議の案を全員が了承するという形で成立させることができるのです。次に分割協議書を作成し、相続する人全員が署名し実印での捺印が必要になります。書き方には特に形式が決まっているものではありませんので自由ですが、全員で協議の上決定したという言葉が入っていないといけません。また、不動産の登記事項証明書を書き写しましょう。このような文言が入っていない場合法務局で無効とされてしまうこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

不動産相続についての知識集です!